「セカンドハーベスト京都」のミッション

私たち『セカンドハーベスト京都』は、安全に食べられるにも関わらず今まで廃棄されていたであろう食品を集め、支援を必要とする人々を支える団体等に提供する活動を通して、京都における食品ロス削減とフードセーフティーネットを両立させる社会インフラの一つとなることを目指す。

そのために、1.生活困窮者を支援する団体の善きパートナーとなります。

      2.困難な状況にある子どもたちを食を通して支えられる団体を支援します。

      3.食品関連企業にとって信頼されるパートナーとなります。
      4.ボランティアにとって有意義な活動の場を提供します。

「セカンドハーベスト京都」の活動

フードバンク(FB)

      フードバンク活動は食品関連企業や個人から食品の寄贈を受けて、

      それを必要とする団体にマッチングさせてお届けします。

      

 2017年1月27日(金)に法人の設立を記念し京都「フードバンク」シンポジウム

   開催しました。

 

 

「子ども食堂」支援室(CDS)

      「子ども食堂」の普及促進、「子ども食堂」等を運営されている団体やこれから

      始めようとされる方々を支援します。

    

      2016年3月9日(水)     第1回学習会in桃山南 を開催しました。

 

       5月22日(日) 第2回学習会in桂徳 を開催しました。

 

        9月4日(日)に 京都「子ども食堂」シンポジウム2016を開催しました。

  

  2017年4月23日(日)山科青少年活動センターと共催で京都「子ども食堂」交流会を実施

           (日曜昼の部)

      5月16日(火)山科青少年活動センターと共催で京都「子ども食堂」交流会を実施

           (平日夜の部)

団体概要