食品の仕入れ

食のセーフティネット事業では主にフードドライブなどで市民から寄せられた寄贈品を使用しますが、カロリー面では足りても栄養的な面ではバランスを欠くことが多いため、それを補完する食品を仕入れて使用することがあります。
本年はダニエル・ブレイク基金からの支援で購入させてもらっています。

 

フードバンクは「食品ロスの削減」も目標のひとつではありますが、「食のセーフティネット構築」のためには購入した食品も使用していく必要があると考えます。

Supported by

             京都府