· 

2019年12月2日発表 プレスリリース

 

京都市内の小中学校における食品ロス削減のための出前授業実施

特定非営利活動法人セカンドハーベスト京都(フードバンク活動団体、所在地:京都市東山区)は公益財団法人京都市環境保全活動推進協会の助成を受け、京都市内の小中学校で「食品ロス削減のための出前授業」を実施致します。
 食品ロス量は、日本で年間約646万トン(平成27年度推計)、京都府では13万~17万トンと言われ、そのうち約半分は、家庭から出ています。
 本授業によって、京都のこどもたちに食品ロス問題をしってもらうきっかけとし食品ロス削減の裾のを広げていくことを目指します。

■授業実施期間:2019年12月~2020年3月末頃まで実施

■対象校:京都市内の小中学校

■対象校数:20校程度

※11月28日時点で京都市立竹田小学校(12月5日)、京都市立
 西京高等学校附属中学校(3月3日)で実施する予定。
 現在も授業要請受付中。

■出張授業申込方法:セカンドハーベスト京都のホームページ内の「お問合せ」に件名「出張授業申込」としてメッセージ欄に①学校名 ②連絡ご担当者名 ③ご希望の実施日(金曜日以外) ④実施学年 ⑤受講予定人数を入力しお申込み下さい。

Supported by

             京都府