· 

食品ロス削減推進法案のための院内集会

フードバンク団体にとって下記の課題を乗り越えるために必要な法案です。
① 行政との連携関係構築が困難
② 寄贈食品の不足
③ 企業の食品寄贈に伴うリスクが大きい
④ インフラ面の不足、フードバンク活動に必要な財源の不足
ご参加頂けます方は下記リンクよりお申し込お願い致します。
_____________________________
【食品ロス削減推進法律案の成立へ向けた緊急院内集会を開催します】
 
一般社団法人全国フードバンク推進協議会は通常国会に引き続き「食品ロスの削減の推進に関する法律案」の今臨時国会での成立を目指し、11月28日(水)に参議院会館で緊急院内集会を開催します。

国内のフードバンク団体は支援に必要な食品の確保や行政との連携、事業費の確保、人材不足等、様々な課題を抱えており、加えて日本ではEU、アメリカなどと比べるとフードバンクを推進するための法整備が遅れている状況にあります。そのため、7人に1人の子どもが貧困状態とされている一方で、支援を必要とする方々に十分な食料支援ができていない現状があります。
 
「食品ロスの削減の推進に関する法律案」は、国、地方公共団体、事業者、消費者等の多様な主体が連携し、国民運動として食品ロスの削減を推進することと共に、フードバンク活動への支援も法案に含まれています。フードバンク活動が発展することで、子ども食堂や児童養護施設など、様々な支援団体、福祉施設への支援が充実するという点においても、非常に公益性の高い法案です。
 
近日中に超党派による「食品ロス削減及びフードバンク支援を推進する議員連盟」も新たに発足する予定ですが、会期末まで一ヶ月を切り今臨時国会での成立が危うい状況となっています。そのため、弊会では本法案の今国会での成立に向け、法案の必要性や市民セクターからの熱意を国会議員に伝えるため、緊急の院内集会を開催いたします。
 
食品ロスの削減とフードバンク活動の発展へ向け、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 
【主催】 一般社団法人全国フードバンク推進協議会
【日時】 11月28日(水)17:30~18:30 
【会場】 東京都千代田区永田町2丁目1−1 参議院議員会館 B109会議室
【最寄駅】地下鉄 有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」1番出口よりすぐ
地下鉄 丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」1番出口より徒歩5分

※入館証が必要なため、必ず下記webフォームからの参加申し込みをお願いいたします。

※どなたでもご参加いただけます
※当日は17時10分から入館証を配布いたしますので、参議院議員会館1階入口までお越しください

【定員】 80名
【入場料】無料
【申込み方法】 参加をご希望の方は以下のURLよりお申し込み下さい。
https://ws.formzu.net/fgen/S81319643/
 

Supported by

             京都府